現在、サイト制作中です。




お申込み・お問合せの際はお手数ですがお電話でお願いいたします。






幸せ相続計画では、3・3・4の法則を提唱しています。


正しい相続計画を立てるためには、つの視点(専門知識)が必要です。

法律の知識

相続人(財産を引き継ぐ人)、遺言、遺留分(相続人に最低限保障された権利)のこと、信託法など、相続にかかわる法律全般。

税金の知識

相続税、贈与税、資産税、所得税のこと、節税方法についてなど、家族一人一人の人生に関わる様々な税法。

財産(分析・運用)の知識

投資分析、不動産の価値の分析、各種マーケット分析など、財産の真の価値を分析し、運用した際の可能性まで測ることのできる投資知識

(不動産運用の際は設計や建築、収益改善の知識まで必要)。

その他、生命保険の活用や資産組み換えの手法、銀行融資や借り換えについてなど、相続に活かせる運用知識全般。

この3つの専門知識を基に、相続計画を立てていきます。



■まずは、3つの評価(価値)で財産を分析します。

  • 税法上の評価
  • 市場価値
  • 潜在(収益)価値



■次に、財産をつの目的で分類します。


■分類ができたら、誰にどう分けるか、分け方を考えます


■その分け方が、円滑に、トラブルなく、かつ財産をできるだけ減らすことなく実現できるように、

納税資金や節税の計画と合わせて、適切な手法を組み合わせて準備をしていきます。

 

■公正証書遺言に、想い(付言)も添えて分け方を記します。

 

■公正証書遺言は、状況の変化に合わせて適宜見直します。

 

 

 

以上が幸せ相続計画の基本的な流れです。

 

※右の図をクリックすると、流れをまとめたイメージを見ることができます。

まとめ