現在、サイト制作中です。




お申込み・お問合せの際はお手数ですがお電話でお願いいたします。






「相続」の話題って、家族の中で持ち出しにくいですか?

誰かの“死”を意識するようで話題にしづらかったり、

財産を欲しがっているようにみられるのが嫌だったり、

早めの準備・備えが必要だとなんとなくわかっていても、なかなかきちんと話し合えるご家庭は少ないようです。


少し、頭を切り替えてみませんか?


夫婦や家族の間で、「生命保険」の話題は避けたりするでしょうか?

 家族を守るために加入しましょうよ!

 死亡した時の補償内容は?

 受取人は誰にする?

このような話題は、避けるべき話題でもなく、忌むべき話題でもなく、当たり前のように平然と話し合われていますよね。


では、「相続」の話題はなぜしにくいのでしょうか?


「相続」に備えることは、いざという時の備えにほかなりません。

「生命保険」と同じですね。

そして、「生命保険」と同じように、備えには十分な時間が必要です。

「生命保険」と同じように、当人が元気なうちにしかできません

いざという時に家族が困らないように、元気なうちに「相続」への様々な備えをしておくのです。

一つ一つの家族、それぞれに適した備えをすることで、

家族みんなの“安心”をもとに、“今”をより幸せな家族の時間にしていくのです。


「相続」とは、“もらう”とか、“あげる”とかいうものでもありません。

先祖代々受け継いできた、または親が一生懸命築き上げた大切な財産を、

大事に預かって、また次の世代へと引き継いでいくことです。

「相続」を考えることは、決してやましいことなどではないですよね。

いかに大切に、賢く、スムーズに財産を引き継いでいくか、ぜひご家族で明るく話し合ってください。

まとめ:相続計画を明るく話し合いましょう!