現在、サイト制作中です。




お申込み・お問合せの際はお手数ですがお電話でお願いいたします。





 

相続について考えたい・・・

相続についてもっと詳しく知りたい・・・

相続について相談したい・・・

そう思ったとき、あなたは誰に相談しますか?

税理士さん?

司法書士さん?

弁護士さん?

それとも保険屋さん?

 

どれも間違ってはいませんが、

大正解ではないかもしれません。

ここで気を付けたいのは、

相続を考えるためには、様々な専門領域の知識や経験が必要になるということです。

 

大きく分けると、以下の3つに分類することができます。

法律の知識

相続人(財産を引き継ぐ人)、遺言、遺留分(相続人に最低限保障された権利)のこと、信託法など、相続にかかわる法律全般。

税金の知識

相続税、贈与税、資産税、所得税のこと、節税方法についてなど、家族一人一人の人生に関わる様々な税法。

財産(分析・運用)の知識

投資分析、不動産の価値の分析、各種マーケット分析など、財産の真の価値を分析し、運用した際の可能性まで測ることのできる投資知識

(不動産運用の際は設計や建築、収益改善の知識まで必要)。

その他、生命保険の活用や資産組み換えの手法、銀行融資や借り換えについてなど、相続に活かせる運用知識全般。

 

お分かりいただけましたでしょうか?

相続について相談する上では、これら全ての知識や経験を有する専門家に相談する方が良いでしょう。

また、一か所の相談先に頼り切るのではなく、病院と同じようにセカンドオピニオンを求めて数か所に相談してみることも良いでしょう。

手術や入院と同じように、もしくはそれ以上に、あなたの人生にとって大切な問題なのですから。


 

まとめ:専門知識(領域)の偏らない専門家に相談しましょう!